• ロケーション管理

倉庫棚卸代行

倉庫棚卸代行

ロケーションとは商品の保管場所のことで、ロケーション番号はその棚番、つまり棚の住所番号のことです。在庫量に応じてロケーションを最適化することにより、倉庫スペース及び、動線を最適化します。 ロケーションを細分化することにより複雑なロケーションを入力する必要がありますが、HTでキー入力することには入力ミスのリスクが伴います、しかし各ロケーションごとにバーコード添付することにより、入力ミスを無くすことができます。

ロケーションをシステマチックに管理することにより、JITの観点から作業の効率化及び作業の平準化によりパート・アルバイト・派遣スタッフのさらなる活用が可能になります。また、属人化の排除ができるので、担当者のローテーションも可能になります。

なぜ棚卸代行が必要なのか?

動線の確保

上記ロケーション管理が行われていない場合は少数ですが、在庫数の増減により棚外に直置きしてしまったり、空いたスペースに仮置きしてしまうことが、現実問題として多々あります。上記のJITによるハード面ソフト面の資源管理に作業の効率化が図れます。動線の効率化・合理化、作業の平準化により得られるコスト削減効果は大規模なマテハン機器の導入を上回る効果が期待できます。