• 倉庫棚卸代行

倉庫棚卸代行

倉庫棚卸代行

倉庫棚卸代行とは、倉庫にある商品等を実際に数えて倉庫内の実際の在庫を確認する作業のことです。 理論上の在庫と実在庫は、帳簿転記ミスなどの事情で異なる場合が多く、差異を確認し修正するためには定期的に倉庫内の在庫を実地棚卸をする必要があります。

この倉庫棚卸代行サービスにおいて使用するシステムは、弊社が小売業等の棚卸代行で長年使用し改善し進化させた実地棚卸に関するノウハウやシステムを物流分野に応用しておりますので、迅速正確な棚卸を実現することができます。

差異確認等

実地棚卸にて集計した在庫データと理論ベースの在庫データの突合を行い差異が発生した場合再度差異データを元に確認作業を行います。
この差異確認作業によって精度の向上を図り在庫データをより完璧なものとすることができます。

実地棚卸

主にバーコードJAN、書籍コード、インストアコード、NW7、ITFなど様々なバーコードでの対応が可能です。をスキャンして集計していきます。
ご要望に沿った内容の報告書総在庫、部門別在庫、場所別在庫が記載されています。に加えて、各アイテムのデータをご希望の形式csv、txtなど様々な形式で、CD-R、フロッピー、メールなどの方法でお渡しします。でお渡しします。
その結果、在庫管理システムへの応用や滞留在庫の把握などにも利用できます。

なぜ棚卸代行が必要なのか?

倉庫棚卸代行サービスの必要性

棚卸作業中、一切の入出庫を止められれば良いですが、実際にはそうもいかないことが多々あります。循環棚卸を行った場合、棚卸ミスが多くなり帳簿在庫と実在庫の差がどんどん開いていく可能性があります。正確な実在庫を知るためにも一斉棚卸の重要性は高いですが、準備及び人員の確保を通常の業務を行いながら行うのは大変な負担となっているのではないでしょうか。御社に代わりアーバン ミラーが棚卸業務の負担をお引き受けします。

アーバン ミラーのサービス事業の三本柱

見えないコストにも注目を棚卸にかかる費用は実作業にかかる人件費だけではありません。

より正確に

実際に棚卸を行う前に準備が必要になります。棚卸しをおこなう該当箇所の選定、スケジュール及び担当箇所、各スタッフの役割を決め実施に必要な機材を調達する必要があります。

より早く

棚卸作業においてコストと認識されているのは多くはこの部分にあたります。また臨時にスタッフを雇い入れる場合求人費用や諸手続きにかかる費用、スタッフの教育費用 も付随します。

より合理的に

集計システムが整備されていない場合、各作業者のデータの集計作業にも時間がかかります。

また実在庫と理論値に差異があった場合、差分の追跡修正の必要性もあります。